【体験談有】婦人科系鍼灸院のネット集客事例

【体験談有】婦人科系鍼灸院のネット集客事例

2014-01-22

こんにちは、杉原です。

今日は婦人科系鍼灸院のネット集客事例をご紹介いたします。
栃木県宇都宮市で鍼灸院を経営し、鍼灸学校で講師もされている木村様です。
http://kimura-hari.com/

まずは木村様ご本人からご感想を頂いておりますので引用させていただきます。
(ご本人のご厚意によりQ&A形式になっております)

~木村様からのご感想 ここから~

Qホームページ集客に興味がありましたか?

Aもちろん、興味がありました。今でもあります。というのは、これまではチラシ、
フリーペーパーなどに出しておりました。
 確かにフリーペーパーは割に合った時期もありましたが、今や昔の話。。。
確かに、目に見えない効果があるかもしれませんが、費用対効果的には厳しいのが現状で
す。

Qなぜ杉原さんにお願いすることにしましたか?

A以前、ある業者さんにお願いしたことがありましたが、1年間やってみて、
成約に結び付く結果がほとんど得られませんでした。

そんな中、杉原さんのHPを見て、ここに託してみようと思ったポイントが5つあります。

① 初めてホームページ集客について杉原さんに電話した時の対応がとてもよかったこと。

② 杉原さん自身がお母さんの整体のサイトで成功した実績があること。

③ その成功者である杉原さん自身が、対応してくれること。

④ 杉原さんが私自分で最初勉強しようと思っていた平賀先生の会員であったこと。←
平賀先生のノウハウを得ていると感じました。

⑤ 費用が首都圏の業者さんよりも安価であったこと。

でも、正直「期待したいけど、前例があるだけに期待しないように。」と肝に銘じて
おりました。(杉原さんごめんなさい。)

Q杉原さんのホームページ集客をやってみて、やる前後でどのように変わりましたか?

Aもちろん杉原さんにお願いする前は、インターネット経由では、地元の口コミサイト
などから月に2件ぐらいしかありませんでした。現在は1か月10~20名の
ホームページ経由の新規集客があります。何より、ホームページでくる患者さんは、
リピート率が高いです。これはおそらくチラシなどと異なり、自分で能動的に検索して
くるからだと思われます。

Q最後に一言

A私自身、当初パソコンにとても疎かったので、ホームページ集客がよくわかりませんでした。
杉原さんとのスカイプ相談の中で、いろいろ教えて頂きました。私の疑問や不安について、
杉原さんがとても分かりやすく説明していただきました。
人任せでなく、自ら能動的に学び、実践することが大切だということがわかりました。
もしどの業者にするか迷っていらっしゃるならば、ぜひ杉原さんに頼むことをおすすめします。
これ重要なことなので、もう一度言います。
「ホームページ集客は、ぜひ杉原さんにお願いしましょう」
必ず費用対効果があうことと思います。

~ここまで~

木村様ご感想ありがとうございました。
木村様はもともと鍼灸を得意とされていましたので、
 杉原:「鍼灸にしかできない治療に特化してみてはいかがでしょうか」
ということでスタートしてみました。

というわけで現在は不妊鍼灸や美容鍼灸などを中心にネット集客を展開されています。
ここで気をつけたいのが、鍼灸師の方が整体マッサージに手を出してしまうと
他の整体院さんや整骨院さんと競合してしまうのです。

するとライバルの数がケタ違いに増えてきますので、
これは商売的には全く美味しくありません。
私たちは治療家でありながら、一方で商売人の一面も持っています。

したがって、あるていど商売人のマインドセットが出来ていないと肝心の治療に身が入らないのですね。
というわけで、木村様は鍼灸院なので、
鍼灸にしかできない治療法に特化することによって上手くいった事例です。

もちろんこれだけで上手くいったわけではないので、
既存患者様へのフォローなど、木村様ご自身が努力されているということは言うまでもありません。
ポイントは、もてるすべてのエネルギー(お金、時間、労力)を自分にしかできないことに注力したということです。
これが最短で目標達成する唯一の方法といっても過言ではないでしょう。

■編集後記

「もてるすべてのエネルギーを自分にしかできないことに注力する」
これをずーっと飽きずにやっているとどうなるか。

例えばアスファルトを突き破って出てくる雑草を思い浮かべてみてほしいのですが、
この現象はどう計算しても理論的に説明できないわけです。

しかし、長い時間かけてジワーっと成長し続けると、固いアスファルトを突き破る。
こんな奇跡のようなことが起きるんです。
誰もが「そんなことできるわけないだろ!」ということを達成するには
これしか方法がないのです。

その際、いろんな外的運命があっちいったりこっちいったりしますが、
いちいちそれに動じないことですね。
外的運命とは、例えば「あの人がこう言った」とか「たまたま運が悪かった」とかいう
コントロールできない運命のことを言います。

例えば数々の大記録を達成したイチロー選手でさえ、調子が悪い時もあったのです。
その時いちいち凹んでいたかというと、記者団との会話をみていると
まったく動じていないということが分かります。

すなわち、外的運命に左右されず、目の前の事を一生懸命続けていると、
ある日「運力が強い人」に変わってきます。

詳しくは元ソニー取締役でアイボやCDを開発した
天外伺朗さんの著書を参考にしていただければと思います。
http://www.amazon.co.jp/dp/4396315252

というわけで、商売は定年まで、いや墓場に入るまで続きますので(笑)
自分が好きで得意なことを楽しく続けていきましょう。


杉原の無料メルマガ


▼メールアドレスを入力して「試しに読んでみる」をクリックして下さい


※メルマガ内では有料サービス(HP制作40万~,PPC広告代行 月3万円~)のご案内もさせて頂きます

LINE


PAGE TOP

個人情報の取扱PRIVACY

LINE無料最新情報LINE

このウェブサイトは安全です




MENU

MAIL
HOME