ブログ記事一覧

【治療院の成功法則】出世する男の共通項3選+α(提供:Dr.style土信田裕介様)

2018-02-19 [記事URL]

こんにちは、杉原です。

本日は栃木県で2店舗、自費の整体院を経営されている
Dr.style 土信田裕介様の事例紹介になります。

佐野市 整体 骨盤矯正
http://drstyle-sano.com/

古河市 整体 骨盤矯正
https://www.drstyle-koga.com/

土信田さんは初めてお電話した時1店舗だったのですが、
声を聞いて出世するタイプだと直感したことを覚えています。

実際、その後店舗も増え、施術の講師活動でもご活躍されています。
http://doshida-yuusuke.com/seminar/

そんな土信田様ご本人から感想を頂いておりますので、掲載させていただきます。

****************

開業したものの集客が上手くいかず途方に暮れていた時に

知人の紹介で杉原さんの事を知り、すぐに連絡しました。

正直HPを作成したもののどう動かせば集客に繋がるのかが

全く分からなかったところ

杉原さんに電話相談で的確に、そして確実に集客に繋げて頂き

今では毎月安定して15~20件の問い合わせがあります。

PPC、SEOのノウハウは勿論ですが、

1つ1つの治療院に合った提案をしてくださるので大変感謝しております。

今後とも的確なアドバイス宜しくお願い致します。

Dr.style 土信田裕介

****************

ご感想ありがとうございました。

土信田さん当初佐野市で整体院をされていたのですが
そちらが軌道に乗ってからは、古河市にも出店されました。

エリアもほどよい距離で、名前も統一されているので
うまく相乗効果が働いているものと存じます。

そんな土信田さん、お電話で話すといつも元気いっぱいの好青年なのです。

特に特徴的なのですが、

▼ポイント1
言葉を慎重に選んでいる
———————-

土信田さんに限らず他の会員さんもそうですが、
あまりネガティブな言葉を聞いたことがありません。

仮にあったとしても、そのあとにはすぐポジティブな言葉に変換します。

例えばこんなイメージですね。

 杉原:「先月はどうでしたか?」

 土信田さん:「そうですね、全体的には数は落ちた月でもあります。
    
       ただ、特定のこの症状の方がリピート率が高いということが分かり、

       今度はその症状に絞ったチラシをまいてみようと思います」

・・という具合に、集客が落ちた→残念、で終わらないところです(笑)

それはあくまで通過点で、目指す先はもっと先にあるため
クヨクヨしている時間がもったいない、といった感じです。

もちろん人間ですから心の中ではそう思うこともあると思います。

ただ、しゃべるだけなら無料ですからとりあえず良い言葉を発しておくだけで良いみたいです。

▼ポイント2
対人関係は常に「謙遜」である
———————-

土信田さんは以前モデルのお仕事もされてとってもイケメンなのですが

プロフィールには中学生時代の太っていた写真を載せるなど、
その謙遜した態度がまた愛嬌があっていいですよね。

また、売上があがってくるとどうしても調子に乗りたくなるとも思うんですが
さすが土信田さん、まったくそんな気配すら感じません。

そんな人間的魅力が、固定客を着実に集めているのかなと予想します。

ところで、土信田さんは一昨年から施術の講師を頼まれて
最近は大忙しのようです。

私の経験上、施術スキルを教えている人は、
治療院経営も上手くいく傾向があります。

おそらく、周りが応援するからでしょう。

また、これは私のネット集客の恩師 平賀正彦さんに教えていただいた本で
マイダスシステムという今は絶版になった本があります。

奇跡の成功法則というイギリスからの輸入書で、
一時10万円ものプレミアがついたものです。

この本に書かれていたことによると、

「頼まれごと」というのはあまり断らない方が良いらしい。

よほど用事があるなら別ですが、できるだけ頼まれたことは
ハイ!と受けとっていっくと運勢があがってくるみたいです。

▼ポイント3
「頼まれごと」は極力受けた方が良いらしい
——————————

私も今回のメルマガを書くにあたり土信田さんには
ご感想をお願いしたのですが、即答でOKでしたね。

写真も自由に使ってくださいと(笑)

というわけで、ここ数年で急成長中の土信田裕介さん、
私たちも学べるところを積極的に取り入れていきたいですね。

■編集後記~内助の功~

最近、司馬遼太郎さんの「功名が辻」という本を読みました。
https://www.amazon.co.jp/dp/4167663155

山内千代という女性が、しがない侍 山内一豊を
一代で土佐一国20万石大名に大出世させてしまう物語です。

戦前は教科書にも載っていたそうですね。
日本の妻を代表する存在だそうです。

実は、土信田さんから初めてお問い合わせがあった時は、
土信田裕介さん本人ではなくその奥様だったのです。

治療家さんはご夫婦で経営されている方が多いためか、
他の会員さんでもこういったケースが何度かありました。

ご年配の経営者さんにも話を聞くと、
男性が成功するのはそばにいる女性のおかげのようです。

では、まだそういう出会いがない場合は?

いま目の前の仕事を、一生懸命やってください。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

「俺に良い女性がいないのはおかしい!(笑)」とバネにして

周りが驚くほどバリバリやってみましょう。

すると、自然そういう女性が集まってくるらしいですよ。


2018/3/3 平賀東北勉強会のご案内

2018-01-19 [記事URL]

こんにちは、杉原です。
本日はセミナー情報になります。

昨年末に平賀正彦さんと合同でセミナーを開催させていただきましたが、
https://www.hiragamasahiko.jp/

その東北勉強会が3月3日(土)宮城県仙台市にて開催されます。
(有志開催のため平賀氏は来ません。杉原は参加します)

この会は今度で4回目になるのですが、前回福島の会員
「くわの接骨院」の佐々木様が参加され、大きく業績を改善されました。
http://kuwano-sekkotsuin.com/

*** 佐々木様からのご感想 ***

当院は今年の12月8日で開業20周年となります。

メインは健康保険の施術でしたが、3年前から実費施術にいっきに方向転換をしました。

始めは保険の患者さんが残っていたので、実費にしたばかりの時は売り上げは上がりましたが、

保険の患者さんがいなくなるとあっという間に実費の患者さんもいなくなり、院経営はどん底となりました。

保険施術の時はほぼ100%近く口コミ紹介で来院して頂けてましたが、

実費になると口コミは全く途絶えてしまい、本当に悩んでいました。

そんな時に、福井の知人の先生から杉原さんを紹介して頂き、とにか真似ることや、アドバイスを受けた事をやる事に専念しました。

PPCを杉原さんにお願いし約8ヶ月でどん底の売り上げから2倍の売り上げを達成出来ました。

電話相談の時も杉原さんは否定はせず、色々と対策を練ってくれました。

杉原さんと話していると、不思議と結果が出る!となんとなく、思ってしまう、とても心強い存在です。

今では、杉原さんと杉原さんを紹介してくれた福井の知人先生に本当に感謝しております。

***

今年もウェブの専門家によるグループワークや
LINE@の使い方講義など盛りだくさんの内容となっております。
(東北のお知り合いの方がいらっしゃいましたらご紹介いただいて結構です)

例年の総会もそうですが、こういう場にただいるだけで
業績というのはなぜか上がってしまうので、不思議ですよね。

ぜひ皆さまのご参加お待ちしております。

▼お申込みはこちら
https://goo.gl/z3haiW

▼3/3 平賀東北勉強会の詳細

■2018/3/3(土)東北勉強会の詳細
——————————————————-
【日 時】
2018年3月3日(土)
・勉強会 : 13:00~17:00(受付12:45~)
・懇親会 : 17:15~20:00

——————————————————-
【場 所】
●勉強会 : 仙台市民会館(トークネットホール仙台)第5会議室
http://www.tohoku-kyoritz.co.jp/shimin/koutu/guide.htm
※前回の会場とは異なります

——————————————————-
【費 用】
・参加費:1,000円
・懇親会:4,000円

【定 員】
20名

——————————————————-
【タイムスケジュール[予定]】
13:00~13:05 開会あいさつ、諸注意
13:05~14:05 高橋貴子さん、中鉢晋さん講義
14:05~14:15 休憩
14:15~15:45 全員参加型 近況報告コーナー
15:45~15:55 休憩
15:55~16:25 公開グループコンサル
16:25~16:55 増地崇志さん講義
16:55~17:00 連絡事項
17:15~ 懇親会

※スケジュール・内容は変更になる場合があります

——————————————————-
●講義内容
・highcommunication 増地崇志さん 売上げアップの最短距離!ーOKIYOMEのチカラ
http://highcommunication.jp/
・(株)LibraCreation高橋貴子さん 開封率90% 成約率5倍のビジネス成功の新ツール「LINE@ 120%活用術」
https://c-libra.jp/
・YST進学研究塾 中鉢晋さん 「攻撃 V.S. 守備」=「集客 V.S. ??」/顧客のファン化が売上を激増させる
http://yst-juku.com/profile/

——————————————————-
●全員参加型 近況報告コーナー

今回初の試みとして、全員参加型の近況報告コーナーも用意しております。
ぜひ皆さんのご活躍をシェアできれば幸いです。

——————————————————-
●公開グループコンサルティングとは・・・?

選ばれた1名の運営するサイトのお悩み事を、勉強会当日にみんなで
力を合わせて解決していこう!という企画です。

過去この企画に立候補された方はもれなく業績が改善!
教える側も知識が整理され、さらに学ぶが深まるようです。

ぜひ皆様のご参加お待ちしております

——————————————————-
【お申込み方法】
下記のお申込みフォームよりお願いいたします。
https://goo.gl/z3haiW


【自費のウェブ集客】”足元の症状”に特化した結果・・(提供:あびこ南整骨院 齋藤様)

2018-01-17 [記事URL]

こんにちは、杉原です。

本日は我孫子で整体(自費)をされている「あびこ南整骨院」の齋藤様の事例紹介になります。
https://www.abikosouth.com/

齋藤様は非常に面白い切り口でHP作りをされています。

私もあまり見たことがないのですが、「足元」に特化した整体ですね。

・外反母趾
・モートン
・足底筋膜炎
etc.

面白いことに、「足」に特化してから「肩こり」などの反応も上がっているそうです。
これは他の会員さんでもよく見られる現象でした。

逆に、よほど田舎でないかぎり、トップページにいろんな症状を網羅したHPは
反応が年々落ちている印象があります。

まずは、齋藤様ご本人より感想をいただいておりますので掲載させていただきます。

***

開業から3年経過し、保険診療から自費診療に移行するにあたりPPC広告の代行を探し
ていたところ、ちょうど杉原さんの広告が目に留まりすぐにメールマガジンを登録し
ました。

その中で集客に関するレポートや他院の成功事例などとても有益な情報を提供されて
いたので安心してお任せできると思いPPCとSEOをお願いしました。

杉原さんにお願いするまで保険診療から自費診療に切り替えるということで経営面で
の不安がありましたが、ホームページや集客に関する悩みや質問に対して、今何が必
要かどうすれば良いのかをわかりやすく的確にアドバイス頂けるのでとても助かって
います。

杉原さんにお願いして良かったと思う事は上記の部分も含めていくつもありますが、
中でも、成功する経営者としての必要な考え方・マインドが学べるという事です。

これは杉原さんが関わった人に是非とも成功してもらいたいとの気持ちの表れだと思
います。

そのお蔭様で当院の売上も上がっているので、これからがとても楽しみです。

***

ご感想ありがとうございます。

「特定症状に切り口を絞ると、他の症状が来なくなるのではないか?」

ということで専門店化に二の足を踏んでいる方が少なくないと思います。

ここ数年のいろんな治療院さんのケースを見ていますと、
結論からいって「よほど田舎でない限り、最初は特化した方が良い」と判断しています。

それが突破口となって、認知度が上がるからですね。

逆に、「田舎である」と自他ともに認めるエリアについては、そこまで特化しない方が良いかもしれません。

さて、齋藤様が非常に面白いのが「足元の症状」に特化したことです。

「肩こり」や「腰痛」その他自律神経症状に特化したケースは良くみるのですが、

「足元」ははじめてでした。

大阪でいまご活躍中の豊田様は「ひざ痛」ですが、こちらも珍しいですね。

これは齋藤様ご本人に教えていただいたのですが
じつはそこまで「足元」には固執していないそうです(笑)

もちろん足は得意でそれ以外も施術できるのですが、
足元に特化したのはあまり他がやっていないから、という理由だそうです。

こういうマーケティング視野をもつ治療家さんはすごいですよね。

今後はいろんな切り口でも試してみたいとおっしゃっていました。

●具体的に何をすればよいのか?

とはいえ、いきなりトップページを変更するというのはなかなかエネルギーのいることです。

まずは、

★「サブページで、特化したものを1つ作ってみる」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ことをお勧めします。

それで反応が良ければ、じょじょにトップなども作り替えていくと良いでしょう。

あとは作ると決めたら、紙に書いて貼っておくと良いですね。

余談ですが私が受験勉強の時よくこれをやっていました。

「目標を紙にかいて、壁に貼っておく」

特に、トイレによく張ります(笑)

トイレは努力しなくても1日に何回か絶対行くからですね。

さて、このような「なにかでNo1になる」、というのは
ここ数十年、著名な経営コンサルタントの方が繰り返し本などでお伝えしています。

有名な本としては竹田陽一氏のランチェスターの法則、

それから朝霞市の整体、訪問リハビリでいま急成長中の谷口さんには
こちらの本を勧めていただきました。

▼法則~舩井幸雄(著)サンマーク出版編集部
https://www.amazon.co.jp/dp/4763135791

なにかでNo1になること、それから「包み込みの発想」など、
経営の全体像についてすごく分かりやすくかかれていました。
ぜひ一読をお勧めしたいと思います。

というわけで、今年はなにか得意な症状があれば
その個別ページを1つ、作ってみることをお勧めします。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

できれば、そこに検索エンジンからアクセスを集めたいですね。

SEOは年々、検索ユーザー視点での質が重視されるようアルゴリズムが改善されていますので

専門家に内部調整された「型」だけ作ってもらったら、

あとはあまり難しいことは考えず、淡々と「喜びの声や笑顔の写真を増やす」と良いかと思います。

PPC広告も、ルールを守って的確に出稿していきたいですね。


【整骨院ウェブ集客】若手No1から学ぶ3つの仕事術(提供:松島将貴様)

2017-12-13 [記事URL]

こんにちは、杉原です。
先日、東京で会員さんが集まるセミナーを開催しました。

今年は静岡で6院の藤接骨院グループ中村哲也さんをはじめ
5名の方にインタビューさせていただきました。

皆さんとても素晴らしい知恵を惜しみなくシェアしていただいたのですが、
なかでも今回ご紹介するのは若手注目No1の松島将貴さんです。

松島さんは静岡県浜松市の整体、自費の整骨院を2店舗経営されています。
http://www.tasuku-seitai.com/

11月12月は例年治療院の集客が落ちる時期なのですが、
松島様はウェブ分析なども駆使されて今年も絶好調のようでした。

まずはご本人より感想をいただいておりますので、掲載させていただきます。

****

静岡県浜松市で治療院を経営している松島と申します。
私は2013年に整骨院を開業して3年半が経ったころに、2店舗目を開業しました。

2店舗目を展開する前に頭をよぎったのがHP集客についてでした。

1店舗目は大手のHP業者に依頼して制作しましたが、
自分が思っているような設定や検証をしたくても
業者の対応やレスポンスが伴っていなく不満を抱えていたからです。

2店舗目のHP業者さんにはわたしの想いを理解してくれるところを探そうと決意し、杉原さんにたどり着いたのです。

結論から申し上げますと杉原さんにお願いしたことは大正解でした。
それは私の『HPをこうしたい』をすべて形にしてくれるからです。
レスポンスもよく丁寧に対応もしてくれます。

当院は保険を使わない自費の整骨院ですが、
杉原さんにHP制作をお願いして公開一ヶ月目にHPだけで
30名ほど新患さんを集客することができました。
OPEN3ヵ月にはオンライン・オフライン合わせて100名をコンスタントに集客できるまでになりました。

その理由はHPをただ作るだけでなくアナリティクスやアドワーズを用いて具体的にデータ分析していき、
具体的に戦略、戦術を立てていけるからだと私は感じております。

ちなみに私は別のWebコンサルともお付き合いがあるのですが、
杉原さんがいれば私の役目がないですね。と言われてしまったほどです(笑)

そんな杉原さんであれば、Webに詳しい方も初心者で全然わからない方もどちらでも親身に接してくれるはずです。
お客と業者との関係性以上のことを提供してくださる杉原さんには感謝しかありません。
今後も杉原さんにはお世話になります。

***

ご感想ありがとうございました。

松島様は30代前半ととてもお若いのですが、実力はトップクラスで
治療家でありながらそのウェブマーケティングのセンスは目を見張るものがあります。

特筆すべきはその分析力ですね。
Googleのアクセス解析アナリティクスで常に成約率を確認されているそうで
その考察には専門業者の私もうなるほどです(笑)

さて、そんな松島さんとお話している中で気づいた、
仕事に対する姿勢を3つほどを書いてみたいと思います。

▼1.HP成約率にはとことんこだわる

こちらのホームページをご覧になっていただけるとわかるのですが、
http://www.tasuku-seitai.com/

ヘッドラインの書き方から集合写真、申込ボタンの見せ方にいたるまで
非常に分かりやすい仕上がりになっています。

この「HP成約率を0.1%でも上げる」という意識は学ぶところが大きいです。

以前エクセルで計算したことがあるのですが、
成約率が0.2~0.3%あがるだけで生涯収入に
マイホーム1コ分くらいの差が出るという結果を得ました。

このくらい成約率というのは大事な部分なので、
ここに注力する姿勢は素晴らしいですね。

▼2.秀逸なコミュニケーション

毎月のお電話で特徴的なのが、事前に質問事項をまとめてこられることです。

したがって仕事の話はサクサクと20~30分で終わることが多く
あとは雑談といった感じです(笑)

私のようなウェブサポート側とのコミュニケーションにも
敬意が感じられ、お若くして素晴らしいなと思いました。

それから何をするにもスピードはやはり早いですね。
メールのレスポンスはもちろん、
優先順位を考えたメリハリのあるお仕事ぶりです。

これは成功している方全員に共通していることですね。

▼3.学んだことは人に教えている

実は、私の会員さんには松島さんが師匠だという方が多数いらっしゃるのです。

松島さんは施術講師としても活動されているため、
皆さん私のことはそこで知っていただいたようで、ありがたいかぎりです。

ちなみに松島さん含めその生徒さんたちは
治療家でありながらマーケティング用語なども習熟しており
スゴい方々だと思います(笑)

これは本で読んだのですが、自分が学んだことを人に教えると、
一番学びになるのは教えた本人らしいですね。

人に教えるとなると、どうやったら分かってくれるかなとか
頭で整理しながら話しますから、結果自分の学びが深まるそうです。

というわけで、今回は浜松で自費の整骨院を経営されている松島さんの事例紹介でした。

いま、松島さんのような30代前半の治療家さんのご活躍が目立っております。

福岡では長年活躍されている骨盤王国の内村大輝さん、
東京は産後骨盤事業の平林栄二さん、大阪は膝専門の豊田啓太さん、そして仙台の整体院は栗原俊さん。

みなさんお若くして優秀な方ばかりで、
これからも施術や経営にご活躍いただきたいと思います。


治療院 整体 整骨院のLINE@集客 成功事例(提供:保坂真樹子様)【電話音声プレゼント】

2017-11-06 [記事URL]

こんにちは、杉原です。

先日、東京に出張に行ったときの話です。

少し時間が空いていたので、ちょうど髪が伸びてきたころでもあり
床屋に行こうとインターネットで検索してみました。

「(地名)+美容室」「(地名)+理容室」

すると、ほとんどホットペッパービューティが検索を独占してるのです。

そしてホットペッパービューティを見ると、
正直どこも同じようなお店にしか見えずこれといった決めてがなかったのです。

そんななか、自然検索結果の1ページ目に
理容室では珍しい「独自サイト」を発見しました。

さらに、そのお店はオーダースーツなども取り扱っており
ポジショニングが他の店舗とは明らかに異なっていたのです。

ホームページにはスタッフさんの人となりも良くでていて、値段も明瞭。
写真も大きくてとても分かりやすいサイトでした。

下の方まで眺めてみると、LINEで問い合わせできますという緑色のボタンを発見しました。

早速、普段使いなれているラインから問い合わせてみました。

すると、すぐに返事がきまして大丈夫ですよとのこと。

この「レスポンスの早さ」もすごいなと思いました。

それ以降、東京に行く時には毎回お世話になっています。

■治療院のライン@活用 成功事例

最近、治療院さんでもライン@を取り入れるところが増えていますね。

九州のある会員さんは、昨年まではほとんど電話でメールがたまにだったのが、
今年にはいって電話とラインの比率が1:1くらいになったと教えていただきました。

また、クリニックの会員の方からは
「写真」をすぐさま共有できるのが良いと教えていただきました。

たしかに、メールだと画像をいちいち添付する必要がありますよね。
ラインだとスマホで簡単にシェアできるので、共有できる情報量が多くなります。

そんななか、ライン@を整体でうまく活用して
業績を大きく伸ばしている治療院さんがいらっしゃいます。

愛知県日進市で産後のお母さん向けの整体をされている
「ボディバランスラボ大樹」の保坂真樹子さんです。
http://taiju2.com/

保坂さんは、新規患者様との連絡はもちろんのこと、
既存の方との連絡もLINEを活用しているため
以前よりリピート率もあがってきたそうです。

そんな保坂さんに、今回電話インタビューさせていただきましたので
こちらからダウンロードしてみてください。

●●● 音声プレゼント ●●●

「産後骨盤矯正ダイエットのLINE@集客 成功事例」

日進市 ボディバランスラボ大樹 保坂様 電話インタビュー

▼MP3音声 約27分
http://joseitiryouka.com/report/hosakasama_tel.mp3

※電話録音のため雑音等が入りますがご了承いただければ幸いです

●●●●●●●●●●●●●●●

念のため、LINE@の導入方法も記しておきます。

 1.スマホでLINE@のアプリをインストール

 2.アカウントを開設し
  (メールアドレスがあれば開設できます)

 3.ホームページに友達追加ボタンを設置

すべて無料でできますので、ぜひ試してみてください。

■【重要】LINE@導入後の大事な設定

上記3ステップが終わりましたら
ライン@の設定画面でとても大事な設定が1つあります。

それは「1:1トークをON」にするものです。

簡単に言うと、お客様と個別トークをできるようになる、という設定です。

ライン@はデフォルトで「1:1トーク」ができない設定になっています。

したがって、これをONにして初めて、お客様から個別の連絡をもらえるようになります。

その設定方法はこちらのページを参考にしてください。
http://manual-at.line.me/archives/1020691156.html

というわけで、既存の方はもちろん新規患者様との連絡手段が
今後メールに変わってLINEが主流になる可能性がありますので、
ご参考にしていただければ幸いです。


【接骨院のウェブ集客】約8ヶ月でどん底から売上2倍を達成

2017-10-12 [記事URL]

こんにちは、杉原です。

本日は福島県郡山市で腰痛の接骨院をされている「くわの接骨院」の佐々木様の事例紹介になります。
http://kuwano-sekkotsuin.com/

佐々木様は2016年仙台にて開かれたセミナーにご参加いただき、
当時は経営的にかなり苦しかったと状況を教えていただいたのですが、
今年に入って急激なV字回復を遂げられております。

まずはご本人より感想をいただいておりますので、掲載させていただきます。

***

当院は今年の12月8日で開業20周年となります。

メインは健康保険の施術でしたが、3年前から実費施術にいっきに方向転換をしました。

始めは保険の患者さんが残っていたので、実費にしたばかりの時は売り上げは上がりましたが、

保険の患者さんがいなくなるとあっという間に実費の患者さんもいなくなり、院経営はどん底となりました。

保険施術の時はほぼ100%近く口コミ紹介で来院して頂けてましたが、

実費になると口コミは全く途絶えてしまい、本当に悩んでいました。

そんな時に、福井の知人の先生から杉原さんを紹介して頂き、とにか真似ることや、アドバイスを受けた事をやる事に専念しました。

PPCを杉原さんにお願いし約8ヶ月でどん底の売り上げから2倍の売り上げを達成出来ました。

電話相談の時も杉原さんは否定はせず、色々と対策を練ってくれました。

杉原さんと話していると、不思議と結果が出る!となんとなく、思ってしまう、とても心強い存在です。

今では、杉原さんと杉原さんを紹介してくれた福井の知人先生に本当に感謝しております。

***

ご感想ありがとうございました。

佐々木様は業界歴20年と長いのですが、
ここ数年の環境の変化で売上が下がってしまい
どうしたらよいかというご相談をいただきました。

詳しく状況を聞いてみると、どうもインターネットの方が手つかずだったようで
ここ数年のウェブ成長のあおりを逆に受けてしまったのかなと思いました。

また、経営体制も率直に教えていただき、
私の方から提案したのは下記の3つになります。

▼1.まず赤字を出さないこと

お店の規模、スタッフさんの数などから計算すると
明らかに売り上げが足りていない状況でした。

というよりも、固定費が非常にかかっているなという印象でした。

まずは、最低限いまより固定費が増えないように提案させていただき、
その中でできるところから1つずつコストカットを進めていただくことに致しました。

それからの佐々木さんの行動は早かったですね。

固定費の削減に早速とりかかり、今では少数精鋭型の治療院になっています。

少数精鋭というスタイルも、これからの益々のご活躍の布石になるかもしれませんね。

▼2.すぐにウェブ対策を行うこと

具体的には、

 1)ホームページの成約率改善

 2)アクセスアップ(PPC広告、SEO対策、エキテン対策)

この2つをできるところからやってみてください、とお伝えしました。

ホームページの方は、とても優秀なウェブ技術者さんがいらっしゃるらしく
短期間で見違えるほど良くなっていきました。
佐々木さんのご指示も的確だったのものと思います。

また郡山市という土地柄もあってか、
(2)のアクセスアップ対策も比較的すぐ効果が現れましたね。

約1年たった今では、当時の2倍近い売り上げが安定して出ているようです。

▼3.無理のない範囲で「喜びの声」を投稿していただく

佐々木様は非常に能力が高くて素直な方で、
これをやってください、というと忠実に実行されるのです。

その一例がこちらのブログなのですが、
http://kuwano-sekkotsuin.com/lumbago/

「お客様に声をいただいて、それを【地名+症状名】でブログにしてください」

とお伝えしたらそのまま実行していただきました。

文章にすると簡単なのですが、これを継続するのが意外と難しいのです。

実は、佐々木様は私の古い会員様からのご紹介だったのですが、
その紹介者の方は患者様がキャンセル待ちになるほどの大盛況なのです。

その方はブログの数が500を優に超えており、
いまではどんな症状名で検索しても出てくるという状態になっています。

ただ、この方も数カ月でそんな状態になったわけではないので、
佐々木さんもぜひ1~2年かけてでも継続してみてください、とお伝えしました。

いまはその途中段階かもしれませんが、佐々木様の素直な性格もあってか
1年もたたずに売上が2倍、固定費も減ってきて経営状態もかなり改善されているようですので
ぜひこの調子でご活躍いただきたいと思います。

■編集後記 ~経営にコツはない~

私が尊敬する経営者で斎藤ひとりさんという方がいます。

ひとりさんは「経営にコツはない」

「だから常に学ばなければならない」、

とある本に書かれていたのですが、
本当にその通りだなと自分で実践してみて思う次第です。

最近、それこそ30年以上接骨院をやっているが
ウェブが分からないというご相談が増えています。

まずご質問いただくという時点で素晴らしいなと思いますが、
これも学ぶ気がないとそういう行動にもならないのかなと思います。

今回ご紹介させていただいた佐々木様も、
学ぶことを忘れずに地方で行われている勉強会などにも
積極的に参加されているようです。

というわけで、私もあいもかわらずアマゾンに
毎日のように本を注文しています。

最近読んだ本で良かったのはこちらですね。

▼人間力 斎藤一人さんと二人で語った480分
https://www.amazon.co.jp/dp/4861131782

著者は歌舞伎町No1ホストの信長さん。
一人さんが一目おいている方ということで私も読ませていただきました。

信長さんは全くのゼロからNo1ホストになり
今ではその店舗の代表取締役にまでなった、すなわち実力で大出世した方です。

こういう本からはすごい波動が出ていますので(笑)
ぜひ一読をお勧めさせていただきます。


月100名集める接骨院の求人方法(提供:矢守玄牧 様)電話音声プレゼント

2017-09-07 [記事URL]

こんにちは、杉原です。

本日は富士市のはるかぜ鍼灸接骨院の矢守様に
http://harukaze2009.com/
電話インタビューをさせていただきましたので、
その音声をプレゼントさせていただきます。

矢守様はここ最近絶好調で、先日は
新患数が月100名を超えたと教えていただきました。

また、スタッフ様は常時6,7名体制で施術しているそうで、
今回は主にその求人方法、人材育成について質問させていただきました。

ウェブのマーケティングについては他の会員様の事例で
たびたび紹介させていただいておりますので、
今回は番外編ということで「求人」についてご参考にしていただければ幸いです。

●●● 音声プレゼント ●●●

「月100名集める接骨院の求人・人材育成の秘訣」

富士市 はるかぜ鍼灸接骨院 矢守様 電話インタビュー

▼MP3音声 約36分
http://www.joseitiryouka.com/report/yamorisama_tel.mp3

※電話録音のため雑音等が入りますがご了承いただければ幸いです

●●●●●●●●●●●●●●●

■編集後記

最近、求人に関するご相談が増えております。

ありがたいことに、会員様よりいろいろな情報が寄せられるのですが、

・日曜新聞、
・求人ポータルサイト
・PPC広告
・学校との連携

など、皆様いろいろな方面から人材を獲得されているそうです。

いずれも、スタッフさん1人あたりの集客コストは
10万円以上はかかりそうな見込みです。

ところで、矢守様は接骨院の経営もしながら
複数の事業を展開されております。

インタビュー音声の中でもありますが、
お寺の住職もされていると教えていただきました。

住職をしながら接骨院というのは私も初のケースで、
それで長年両立されているのがすごいですよね。

異業種を経験すると自然視野が広くなり、
接骨院1つとってもいろいろなアイデアが出てくるものと思います。

そんな豊富な経験から得られた知恵を、今回惜しみなく提供していただきました。

求人の具体的方法だけでなく、全体的な雰囲気からも
学べるものがあると思いますので、
ぜひご参考にしていただければ幸いです。


エリアを変えてV字回復した整骨院(清瀬市 高橋俊洋様)電話音声プレゼント

2017-08-07 [記事URL]

「エリアを変えてV字回復した整骨院」

こんにちは、杉原です。

今回は清瀬市で整骨院をされている清瀬バランス整骨院の高橋様に
電話インタビューさせていただきました。
http://balanceseikotu.com/

高橋様とはかれこれ4~5年のお付き合いになるのですが、
実は最初の治療院で集客に苦労されたのです。

というのも、はじめてご相談いただいた時は
横浜駅のすぐ近くでHP集客をはじめられたのですが、

PPC広告費が非常に高く、家賃も高いため
なかなか採算が合わない時期が続いたのです。

しかし、高橋様はすごいですね。
それを「失敗」とは思わずに、「月謝」ととらえたようです。

 杉原:「この状況があまり続くなら、“撤退”も視野に入れた方が良さそうですね」

 高橋様:「はい、もう少しがんばってみてダメなようなら、

     次はエリアを入念にリサーチしたいと思います」

というわけで、新規一転エリアを移したのが今の清瀬市ですね。

清瀬市に移転してからというのも、お電話でいただく近況は

 杉原:「最近はどうですか?」

 高橋様:「はい、今月も絶好調です」

と、移転後はいつも絶好調とのご報告をいただいております。

以前の店舗とやっていることは変わらないのですが
今はスタッフさんを増やさないと対応できないほどの盛況ぶりということです。

●●● 電話インタビュー音声プレゼント ●●●

「一発逆転エリアを変えてV字回復した整骨院」

清瀬バランス整骨院 高橋様 電話インタビュー

▼MP3音声 17分6秒
http://www.joseitiryouka.com/report/takahasisama_tel.mp3

※電話録音のため雑音等が入りますがご了承いただければ幸いです

●●●●●●●●●●●●●●●

詳しくは電話インタビューの音声を聞いていただきたいのですが、
この音声で一番知っておいていただきたいことは3つです。

▼1.新規開業はとにかく「エリア」が一番

 どのエリアで開業するかというのがとっても大事。
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 ちなみに私の会員さんで月商400~500万近く出している会員さんは、
 共通してこのエリア感覚がずば抜けています。

 ではどういうエリアが良いのかというと、

 「田舎」「郊外」がキーワードです。

 高橋様が今回選んだのは、清瀬市という「郊外」です。

 
 このあたりは、資本力や個人のエネルギーにより差があるのですが、
 「田舎」か「郊外」を選んで正攻法をとっていただければ
 まず失敗するということはないかと存じます。

▼2.エリアを選んだら、次はウェブで1番になる

 とにかくエリアが大事だということをお伝えした次は、

 「ウェブで地域1番になる」

 ということです。

 ウェブは今に始まった話ではないので、
 すでにやること(正攻法)はほぼ決まっています。

 1)売れるホームページと

 2)アクセスアップ

 アクセスアップについては、

 ・PPC広告
 ・SEO(症例ブログ増やし)
 ・エキテン

 まずこの3つを対策しましょう。

 それから、無料でできるグーグルマップ対策、
 フェイスブックページ、アメブロ、インスタグラムなどの
 各種SNSも抑えたいところです。

▼3.プラス発想である

 高橋様がすごいのは、いままで一度も否定的な言葉を聞いたことがないのです。

 というのも、以前の治療院では集客が思わしくなかったのですが、
 それを誰かのせいにするとか、グチをいったりとか、
 
 そういう雰囲気を私は感じ取れなかったということです。

 それよりも、今の状況を「学び」ととらえて
 次の行動に活かしたことですね。

これは繰り返しお伝えしたいことですが、
長年私の会員さんで大活躍している方に共通しているのはココなんです。

まず「プラス発想」である
^^^^^^^^^^^^

困ったことが起きた時、それは「困っている」のではなく、「学んでいる」のです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

この発想が自然とできている接骨院の経営者さんは、
何年も見ているとグイグイ伸びていきます。

こういう方はもう雰囲気からして違いますよね。

というわけで、この音声を聞いて少しでも
整骨院、接骨院の新規開業のご参考としていただければ幸いです。


1人接骨院の成功モデル(提供:福井市 前田一博様)

2017-07-28 [記事URL]

こんにちは、杉原です。

本日は福井市で腰痛と交通事故治療の1人接骨院をされている
前田一博様の事例紹介になります。
http://www.maedasettukotu.com/

前田様はウェブに力を入れてから患者様が殺到し、
いまではキャパオーバーで1人ですべて受けいれることができず
他院に患者様を紹介して対応しているほどということです。

まずは、ご本人より感想をいただいておりますので、掲載させていただきます。

***

福井市の(有)まえだ接骨院 前田一博と申します。

お陰様をもちまして今現在、当院への問い合わせが益々増えており
心苦しくも他院への紹介、若しくはお断りするケースが増える程になって参りました。

昨年の春頃迄は集客、リピートがうまく機能せず中々利益に現れなかったのですが、
杉原様からの電話にてのアドバイス、配信されるメールを熟読することで学びを得、
昨年夏頃から急に上昇してきました。

特に、会員限定のメルマガを繰り返して読む、聞くことで
自分もそうなりきることを徹底し、
他院の成功事例を読んで採り入れられる所を採り入れるよう、

又、成功している所は自院の利益より
お客様の利益を考えて行動されているが共通している事に気付き、
何事においても自院の利益よりお客様の利益となるよう毎日意識して参りました。

集客、リピートが増えてくると予約枠の隙間がなくなる為、
料金をやや引き上げた所でもありますが、
まだ上昇の過程にあるので様々な考えを以て上昇のスパイラルにのって参る所存です。

それと、杉原様からのアドバイス、メール配信以外は
余計な情報はあえて耳に入れないようにしており、
それのみを守って進めてきた結果が院経営の形に現れてくれたことも事実なので、いつも杉原様には感謝しております。

今後とも相談させて頂きますので、何卒、宜しくお願い申し上げます。

***

ご感想ありがとうございました。

前田様は2015年にホームページ制作と
PPC広告、SEOについてご相談いただきました。

それから数年経過しましたが、素晴らしいご活躍ぶりで
いまでは1人で見切れないほど患者様がいらっしゃっているということです。

また、前田様がすごいのはそのブログの数ですね。

なんといまではその数も500投稿以上、
http://www.maedasettukotu.com/page/blog/

1人接骨院でこの数は私がこれまで見た中でも最高クラスです。

ご相談いただいた当時は、集客で悩んでいたようなのですが、
今度は逆に集客しすぎて嬉しい悲鳴ということです(笑)

では今回のケースでは何が良かったのか、3つポイントを押さえますと

1)地域1番店戦略

→福井市、というエリアに限定し、

なおかつ腰痛と交通事故に特化しました。

この切り口ではネットで地域No1になることに集中されたようです。

2)ブログの数

「地名+症状名」でブログを量産されました。

この継続性、モチベーションには目を見張るものがあります。

最初の3カ月はできても、これを何年も続けた功績はすごいですね。

3)情報源の精査

年々、ウェブのデータ通信量も加速度的にあがって
とにかく大量情報時代になりました。

すると、入ってきた情報をすべて実行するのは不可能になってきます。

そこで前田様は、この「情報源」を精査されたようです。

もちろん、人それぞれいろんな学び方があると思います。

光栄なことに、マーケティングについては
私のメルマガをご参考にしていただいているようですが、

とりあえず1年は、誰か気に入った人を1人を信じて
集中してやってみるのも良いかもしれません。

というわけで、前田さんも以前は保険型の接骨院だったのですが、
今では自費でこれだけの患者様が集まっており、
まさに自費移行の成功パターンですよね。

いま自費導入を検討されている接骨院、整骨院の方は
ぜひご参考にしていただければ幸いです。

■編集後記 ~100℃沸騰理論~

ここからはある経営の先輩から聞いた話なのですが、
いちどイメージしてみてください。

やかんのお湯を、100℃で沸騰させたとします。

ここで、もっとお湯を作りたいといって
ひとまわり大きな鍋にこのお湯を移して水を足したら、
お湯の温度はいったん下がりますよね。

それで、また100℃に沸騰させるためには
追加で火をかけていく必要があるわけです。

実は、経営というのはこの100℃の状態が一番利益が出るらしいです。

すなわち、「忙しい状態」、ですね。

この「忙しさ」がさらなる「忙しさ」「利益」を呼ぶようです。

ですから1人で今忙しいという状態は、実は一番利益がでている状態で、
スタッフさんを増やすと見かけ上売上は上がるのですが、

スタッフさんともども沸騰状態(忙しい状態)にできないと、
最終的に会社に残るお金は減ってしまうということらしいです。

ところで今回ご紹介させていただいた前田様がすごいのは、
忙しいのに今でも1人でやっていることですよね。

普通1人で忙しくなってきたら、
スタッフさんを増やすなりしますよね。

それが、1人でどこまでできるか
限界を試しているかのようなのです。

まさにお湯が沸騰し続けている状態ですね。

私も経営についてはいろいろと勉強させていただいているのですが、
やはり「利益」が一番大事のようで、

というのも、消費税は売上にかかってきますし、
正社員なら社会保険料など、実に経費としていろいろなお金が出ていきます。

もちろん、事業を広げるのは良いことだと思います。

静岡藤接骨院グループの中村様も、
いまは分院展開で素晴らしく活躍されていらっしゃいますが、
最初は1人治療院で10年頑張ったとおっしゃっていました。

ぜひ、まずは1人、または1店舗でどこまで利益を出すことができるか、
これを徹底してやってみてください。

それを経験してから、スタッフさんを増やしたり、分院展開された方が、
盤石なグループができるのかなと思った次第です。

「商売と屏風は広げすぎると倒れるよ」

江戸時代のピータードラッカーと言われる、石田梅岩が残した言葉です。

参考)https://www.amazon.co.jp/dp/4763132806

ぜひ「100℃沸騰」を意識して今後もご活躍いただければと思います。


チラシとWEBを併用した整骨院自費集客 成功事例(提供:岩沼市 レリーフ整骨院様)

2017-07-03 [記事URL]

こんにちは、杉原です。

本日は宮城県岩沼市で整骨院をされている
レリーフ整骨院の佐藤様の事例紹介になります。
http://www.reliefseikotu.com/

佐藤様は、ウェブだけでなく紙媒体も併用することによって
上手に毎月自費の新規患者様を集められています。

地方はまだまだチラシをご覧になる方も多いですので、
ぜひご参考にしていただければ幸いです。

まずは、佐藤様ご本人からのご感想を掲載させていただきます。

***

当院ではホームページとチラシを中心に毎月30名以上の患者様を集客できておりました。

しかしだんだんホームページからの集客が減ってきたり、チラシ集客に限界を感じてきておりました。

そんな時に知人の先生から杉原さんをご紹介頂きました。

連絡をしてみて、現在の状況や方向性をお話ししてみると、

「そういうことであればこうした方がよいと思います。」と

すぐに分かりやすいアドバイスが返ってきました。

そのアドバイスに納得し、新たなホームページ作成をお願いしました。

その後のホームページからの集客は右肩上がりです(^^)/

最近では「毎月このくらいの金額をかけて〇〇名ホームページから集客したいですが

・・・。」

こんな細かい相談にまで親切に対応して頂いた上に、さらに的確なアドバイスまで頂けて

非常に助かっております。

また、ほぼ毎日送られてくるメルマガも必見です。他では聞けない論理的な話や、経験談

不思議とも思える話など内容が盛りだくさんです。

さらに急にこんな情報が送られて来たりもします。

↓↓

『こんにちは、杉原です。

本日は単刀直入、業務連絡になります。

いますぐライン@を導入してくださいm(__)m』

内容を読むと・・・ナニッ(゚д゚)!おお~!ふむふむ。そんな情報も集まっているのか!!

こんなこともしばしばです。

今後もただ集客だけでなく、細かい相談、的確なアドバイス、様々な情報提供を迅速に

して頂ける杉原さんにお世話になりたいと思います。

***

ご感想まことにありがとうございました。

佐藤様はある会員様からのご紹介で入会いただいたのですが、
ご相談いただいた当時は

「チラシ:WEB」の比率が「8:2」くらいの割合で
マーケティングをされていました。

しかし、チラシはなかなか集客数が安定しないので、
どうしたらよいかというご相談からスタートしました。

ここで、「チラシ:WEB」の比率を
「5:5」を目指していきましょう、
ということで対策が始まりました。

具体的には、下記3つになります。

▼1.ホームページのテコ入れ

もともとお持ちだったホームページはPC向けに作られていたため、
スマホで見ると文章や写真が小さくて見づらかったのです。

そこでホームページを新しく作り直し、
http://www.reliefseikotu.com/
スマホでも見やすくしました。

地方はご年配の方も多いためか、
文章や写真が大きく見やすくなったことにより
ウェブからの新規患者様の数も増えてきたということです。

▼2.PPC広告の強化

以前からもPPC広告は少額で出されていたようなのですが、
自費を強化したいということで
より広告にも力を入れることにいたしました。

地方ではそこまでPPCに力を入れるところが少ないため、
この対策は功を奏したと言えます。

特に治療院のPPCはとにかく審査が重要で、
年々この基準は厳しくなっておりますので
しっかりルールを守って出稿していく必要があります。

このあたりの対策をしっかりと行っているため、
いまでは何を検索しても佐藤様ホームページが出てくるような状態ですね。

私の母もそうなのですが、

「何を検索してもあなたが出てくる」

と今でも言われるそうです。

佐藤様も地元ではちょっとした有名人かもしれません(笑)

▼3.紙媒体(チラシ)との併用

佐藤様はもともとチラシによる集客がお上手でした。

ただ、毎月1万部以上を配信されていたため、
そのコスト(印刷代、配信代)もかなりの額に上っていました。

そこで、チラシの配信部数、配信頻度を
効率的に減らして、かわりに
ウェブの割合を増やしていったのです。

紙を減らす、といっても完全にやめるわけではありません。
やはり地方はチラシの影響も大きいですからね。

チラシは広範囲に毎月何万部と出すよりも、

・たとえば2カ月に一回に間隔をあけるとか、

・最も反応の良いエリアに集中して出すなど、

効率を上げながらチラシのコストを減らして
その浮いた分をネットに回す、ということです。

最近はチラシを見た方でも、

「チラシで見て → ホームページをチェックする」

「ホームページを見て → 口コミをチェックする」

しっかりウェブもチェックする方も多いみたいですね。

問診ではチラシを見た、としか言わなくても
ちゃんとウェブも見られているようです。
もちろん口コミサイト、エキテンのページも充実しております。

佐藤様は地元の方の症状を改善するために
このくらいの努力をされているということですね。
素晴らしいマーケティング活動だと思います。

というわけで、今回は宮城県岩沼市でご活躍中の
レリーフ整骨院、佐藤様の事例紹介でした。

これからも地元の方の身体の悩みを
たくさん救っていただければと思います。


杉原の無料メルマガ


▼メールアドレスを入力して「試しに読んでみる」をクリックして下さい


※メルマガ内では有料サービス(HP制作40万~,PPC広告代行 月3万円~)のご案内もさせて頂きます

LINE

PAGE TOP

個人情報の取扱PRIVACY

LINE無料最新情報LINE

このウェブサイトは安全です




MENU

MAIL
HOME