【未来を拓くAI半導体技術】治療院集客への可能性とは?

【未来を拓くAI半導体技術】治療院集客への可能性とは?

■お知らせ;3/12東京ビッグサイト講演 詳細はこちら
https://caretex.jp/info/conference2024#09

こんにちは、東北大卒で本の著者の杉原です。

先日、日経平均がバブル後の最高値を更新し、
株式市場が注目されています。

私の治療院の会員さんの中には株式投資に詳しい方がおり、
その方とこんな会話をしました。

 杉原:「最近株の方はいかがですか?」

 会員さん:「絶好調です。私の場合個別銘柄を好んで買っているのですが、NISAの影響か予想外の動きも出ています。」

 杉原:「最近の株高は、一部の半導体銘柄がけん引しているみたいですね。」

 会員さん:「はい、私も半導体が好きで良く買っています。ところが、半導体というものが未だになんなのかよくわかりません(笑)」

株式市場で近年目覚ましい成績を収めている
一部の銘柄の中には、半導体関連が挙げられます。
米国のNVIDIAをはじめ、台湾のTSMC、
そして日本の東京エレクトロンや信越化学などの
半導体企業が好調を維持しています。

ちなみに私は、半導体で有名な大学に通っていたこともあり、
会社員時代には半導体を用いた電子回路の特許も取得している経験があります。
さて、半導体とは一体何でしょうか?

半導体はその名の通り、「半分だけ電気を流す」という性質を持つ材料です。
金属のように完全に電気を導く導体と、電気を導かない絶縁体の中間に位置し、
電子の流れを制御するスイッチとして機能します。

この半導体の特性を利用することで、
極めて微細なサイズの電子回路を構築することが可能となります。
つまり、ナノスケール(1mmの100万分の1)でスイッチを配置することで、
膨大な電子回路を作り出すことができるのです。

この技術革新は私たちの生活に大きな影響を与えており、
インターネットやAIなどの先端技術の発展に寄与しています。

例えば、YouTubeで動画がサクサク見れるようになったり、
Zoomで世界中の人とテレビ電話ができるようになったのも
半導体の進化のおかげと言って良いでしょう。

特に近年では、チャットGPTに代表される生成AI市場が注目を集めており、
エヌビディアやアップルなどの大手企業がこの分野への投資を強化しています。
そのため、今後ますます半導体技術の進化に注目が集まっています。

というわけで、まとめますと
チャットGPTに代表される生成AIツールには
先端半導体が用いられており、

この分野はこれからグングン伸びていくと思いますので、
今から使い慣れておくとメリットが大きいということです。

治療院への応用も始まったばかりですが、
参入は早い方が良いと思いますので、
ぜひ今からチェックしておくことをお勧めします。

■3/12東京ビッグサイト講演のご案内

3/12東京ビッグサイトにて、
チャットGPTを使った治療院集客の講演会を行います。

ご参加は無料ですが、事前登録制となっています。
主催はケアテックス東京24という国内最大級の介護業界展示会で、
接骨院など施術業界のブースもたくさんあるようです。

業界全体を見渡す良い勉強になると思います。
ぜひご参加お待ちしております。

▼セミナー情報はこちら

■日時: 2024年3月12日(火)11:40-12:40
■場所: 東京ビッグサイト
■題目: 「チャットGPTで店舗集客を効率化!治療院のためのウェブ集客成功法則」
■参加費: 無料(事前登録制)
■お申込みはこちら https://caretex.jp/info/conference2024#09


【無料プレゼント】治療院ウェブ集客メール講座

杉原智之の無料メルマガ

▼メールアドレスを入力して「試しに読んでみる」をクリックして下さい


※送信後、自動返信メールから本登録ください(迷惑フォルダもご確認下さい)

※メルマガ内では有料サービスのご案内もさせて頂きます(不要であればメルマガ内で簡単に解除できます)


PAGE TOP

読者様限定3つのプレゼント
個人情報の取扱PRIVACY





MENU

MAIL
HOME