治療院に役立つ5大SNSの使い方

治療院に役立つ5大SNSの使い方

2020-06-19

先日、5大SNSということで統計データを調べていました。

1位がライン、

2位がツイッター、

3位がインスタグラム、

4位がフェイスブック

5位がTIKTOK

ということです。

ラインは皆さんお馴染みで、ツイッターが意外にも2位に入っているわけですね。

インスタグラムはアカウント数が伸びており、フェイスブックは横ばいだそうです。

TIKTOKはいわゆる”すごい動画”を配信するSNSですが、こちらも開設数が伸びているようです。

ところで、これらのうち整体院で広告を出すとしたらどれが良いでしょうか。

会員さんのSNS広告利用率が一番多いのが、3位と4位のインスタグラム、フェイスブック広告です。

とはいっても、Google広告などの検索広告の利用率にはおとりますが、サブでディスプレイ広告を出稿したい場合はインスタグラム&フェイスブック広告という選択肢になってきます。

ちなみに、整体院のツイッター広告も試したことがあるのですが、どうも20代ユーザーが多いようであまり効果が感じられませんでした。

インスタグラム、フェイスブックは30〜40代のユーザーも多いためか、反応が高い傾向があります。

とくにインスタグラムは産後のお母さんですね。エリアでまだ他の整体院さんが出していない場合は、積極的に検討しても良いかもしれません。

さて、広告ではなくSNSの基本である投稿にしぼった場合、どれが治療院さんにマッチしているでしょうか。

やはり一番最初にとりくみたいのがラインだと思います。

お店用のライン公式アカウントを開設して、自社サイトのトップページに友達追加ボタンを設定しておきます。

1対1チャットをONにしておくことで、お問い合わせ用の窓口としても使えますね。

さらに月1000通までは無料で一斉配信ができるので、これは使わない手はないでしょう。

つぎに、ツイッターですがこちらは新宿で気功整体をされている小坂晋一さんの事例が参考になります。

小坂さんはツイッター、アメブロなどをほぼ毎日のように更新。

試しに彼の名前で検索してみると、数時間前のつぶやきが検索トップに表示されています。

内容はおもに健康情報の配信。よくこれだけのボリュームを配信できるなと感心します。

先日メールでやりとりをしていた時に、聞いてみました。

 杉原:「記事のネタはどうやって仕入れているのでしょうか?」

 小坂さん:「患者さんからいただいた質問と回答を、そのままSNSでアップしています」

とのこと。

整体院内でのQ&Aを、そのままウェブで投稿されているそうですね。これは賢い方法だと思いました。

具体的にはアメブロにアップし、その更新情報をツイッターに投稿されています。

というわけで、SNS全体としてはユーザー数が今後も増える見込みですので何らかの形でアウトプットの習慣をつけられると良いかもしれません。

ちなみに、アウトプットのコツは

(1)閲覧者の利益や

(2)社会的な実績

を意識すること。

たとえば健康に役に立つ情報だったり、TV雑誌に出ました等のメディア出演実績などですね。

そうすると、いいねがつきやすかったり閲覧時間が伸びたりと、最終的には院への誘導につながってくるでしょう。

●杉原の治療院プレミアム会員 詳細はこちら
●杉原の”無料”直接相談はこちら


杉原智之の無料メルマガはこちら

特典オンライン講座
杉原智之の無料メルマガ

▼メールアドレスを入力して「試しに読んでみる」をクリックして下さい


※送信後、自動返信メールから本登録ください(迷惑フォルダもご確認下さい)

※メルマガ内では有料サービスのご案内もさせて頂きます(解除可)

LINE

※LINEで無料最新情報をお送りしています。不要でしたらブロックで簡単に解除できます


PAGE TOP

読者様限定3つのプレゼント
個人情報の取扱PRIVACY
LINE無料最新情報LINE




MENU

MAIL
HOME