“撤退”から”成功”へ急成長した整骨院

“撤退”から”成功”へ急成長した整骨院

2015-11-25

自費メニューの集客で成功されている

清瀬市の整骨院、高橋様の事例提供になります。
http://www.balanceseikotu.com/

まずはご本人より感想をいただいておりますので、掲載させていただきます。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

私は開業してから7年目になり
前は横浜の方から昨年現在の所に移転し、

2年前より杉原さんにHP制作から
PPC広告、集客法までをお願いしております。

現在の所では新患の数は
毎月60~80名以上と
コンスタントに新規集客出来ており、

当院では保険診療と自費メニューがありますが、
HPを見て来られる方はほとんど
自費メニューもプラスで受けて頂いており、

お陰さまで順調に売上を伸ばしており、
これも杉原さんの手助けがなければ
実現できなかったと思っております。

また、杉原さんに出会う前は治療技術ばかり追いかけており
経営については経営セミナー等で一時的に学んだ事を実践して
集客出来ても長続きしない事が多かったのですが、

杉原さんは毎月の電話相談で的確で持続性のある
集客アドバイスをいつもして下さり、
頭が下がる思いでとても勉強になり感謝しております。

引き続き宜しくお願い致します。

清瀬バランス整骨院 高橋俊洋

※得られる結果には個人差があります
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

ご感想ありがとうございました。

高橋様は、整骨院の自費メニューを
インターネット経由で集客されております。

治療家として施術スキルを追求される一方で、
経営者としてのビジネススキルもとても高い方です。

高橋様とのお付き合いはかれこれ2年になりますが、
以前は横浜で1院目を展開されておりました。

今回の清瀬市の整骨院は、2院目の事例ですね。

横浜の1院目はライバルが多く、
切り口的にも難しいかな、という状態だったのです。

その時の会話です。

 高橋様:「今の院(横浜)は、正直きびしいですね・・」

 杉原:「そうですか、切り口的にも競争が多いので
     早めに撤退も視野に入れた方が良いかと思います。」

すると、その数カ月後でしょうか。

高橋様から連絡があり、

「今の院をやめて、別な場所で
 新しい切り口で再スタートします!」

とご連絡いただきました。

高橋様はこの行動力がすごいですね。

通常は店舗や設備を導入すると「もったいないから」ということで
ずるずる引きずってしまいがちですが、

ある程度がんばってダメだと分かったら、すぐ撤退されました。

そして、2院目からの再スタートが早かったです。

店舗契約したら、すぐにHPを作り、PPC広告とSEO対策です。

1院目のご経験があるので、
2院目はエリア選定と切り口を相当吟味されました。

挽回がはじまったのはここからですね。

それからは月に60~80名の集客と、今破竹の勢いで成長されております。

■織田信長も撤退が早かった

私は司馬遼太郎さんの本を読むのが好きなのですが、
織田信長も、撤退が早くて有名な話があります。

「これはまずい」

と思ったら、味方も気づかないほど猛スピードで逃げたそうです(笑)

経営も同じで、

「ここまで投資したから、やめるのはもったいない」

「お店をたたむって恥ずかしいから、やめられない」

このパターンで赤字を増やしてしまうケースがあるようです。

ある程度のラインをもうけて、
それを超えたら撤退というのを決めておかれると、
被害を最小限におさえて、再起をはかることができるわけです。

常に今をゼロとして考える、
詳しくは「ゼロベース思考」という考え方になりますが、
経営者としては必要な考え方のようで、本なども出ていると思います。

いずれにせよ、整骨院の自費ネット集客は

 1.エリアと切り口

 2.売れるホームページ

 3.PPC広告とSEO

この3つのステップになります。

まずは今のおかれた状況を考えて、
どこにテコをいれると早いかですよね。

ホームページを持っていたり持っていなかったり、
おかれた状況もさまざまと思いますので、
それに合わせて提案できればと思います。

よろしくお願いいたします。


杉原の無料メルマガ


▼メールアドレスを入力して「試しに読んでみる」をクリックして下さい


※メルマガ内では有料サービス(HP制作40万~,PPC広告代行 月3万円~)のご案内もさせて頂きます


PAGE TOP

個人情報の取扱PRIVACY


このウェブサイトは安全です




MENU

MAIL
HOME