【治療院整体院のスマホ集客】具体的な3つのステップ

【治療院整体院のスマホ集客】具体的な3つのステップ

2013-07-25

こんにちは、杉原です。
「治療院・整体院のスマホ集客、具体的な3つのステップ」

先日、スマートフォン向けのホームページ制作と
PPC広告代行でご入会いただいた方にこんなご相談をいただきました。
仮名でK様としておきます。

K様:「スマホ用のホームページ制作と、PPC広告の代行をお願いしたいのですが、よろしいでしょうか。」
杉原:「はい、大丈夫です。スマホ向けはぜひやられた方が良いですね。」

■スマホ向けの現状

治療院のネットからのアクセス数は、年々携帯スマホが優勢となっています。
 2011年は パソコン > 携帯スマホ
 2012年は パソコン = 携帯スマホ
 2013年は パソコン < 携帯スマホ
と、2013年にはスマホ経由のアクセス数がパソコンを超えましたね。

また、アクセス数だけでなく、確実に申込数もスマホ経由が増えてきました。
私の母親も、2013年はパソコンよりも携帯スマホの方が2倍多いような状況です。
したがって、スマホ対策はもはや必須ということですね。

■電話は続きます・・

杉原:「パソコン向けのホームページはすでにお持ちですか?」
K様:「はい、あります。○○と検索していただければでてきます。」

というわけで、早速パソコン向けのホームページを拝見させていただきました。
すると、とても素敵なホームページで、結構お金もかかっているな、という印象でした。
しかし、ここで1点気になったことがあったのです。

ご相談は続きます。

K様:「PPC広告は、○○市 整体というキーワードで出したいのですが」
杉原:「はい、そちらも可能です。
    ただ、ひとつ気になることがあるのですが・・」
杉原:「現在のホームページ、PPC広告で○○市整体で広告を出すことは可能ですが、
    費用対効果が合わない可能性があります。」

そしてこう続けました。

杉原:「さらに、来年、再来年はさらにその傾向が強まります。」
K様:「そ、そうなんですか。では、どうすればよいでしょうか。」
杉原:「今すぐとは言いませんが、○○市の中でも△△区に絞ったり、
    何か得意な症状に特化された方が良いでしょう。」

最近この手のご相談が増えています。
お金をかけてデザインは良くしたが、ホームページからの反応が少ない。

したがって、スマホ向けやPPC広告のような新しいマーケティングを追加したい、というご相談です。
スマホ向けのマーケティングを追加するのは大いに結構なことで、

これはぜひやられた方が良いでしょう。
しかし、最新のマーケティングをとりいれながら、
基本に立ち返ることも重要です。

■治療院向けスマホ対策 具体的な3つのステップ

基本を抑えながら、最新のスマホ対策も取り入れた3つのステップはこちらになります。
 1.エリアと切り口
 2.売れるスマホサイト
 3.PPC広告とSEO対策

それぞれ説明すると、
1)エリアと切り口

まず1番目のエリアと切り口というのは、
“ズバリあなたの整体院はどんな整体院ですか?”という質問に答えるだけです。

例えば、私の母親でしたら、
http://aimiseitai.com/
 「いわき市の女性による出張整体」
ということになりますね。
小学生にでも分かるようなメッセージが良いでしょう。

2)売れるスマホサイト
売れるスマホサイトというのは、例えば私の母親を例にとりますと、
http://aimiseitai.com/i/

 1.サイトを開いた瞬間、何屋さんかが一発で分かること
  ⇒さきほどの、「いわき市の女性による出張整体」が一目で分かること、です。

 2.ワンクリックで電話ができること
  ⇒これは電話リンクというものを入れればOKです。WEB屋さんなら誰でも知っています。

 3.写真中心であること
  ⇒文章よりも、写真で見せる、ということですね。

 以上の3点を抑えれば、高い反応率が出ます。

デザイン性よりも、以上のような基本的な部分を抑えていればとりあえずOKです。

3)PPC広告とSEO対策

SEO対策については、パソコンとスマホの検索結果はほぼ同じですので割愛します。
PPC広告ですが、基本はGoogleのアドワーズ広告ですね。
パソコンと大きくことなるのは、”掲載枠が少ない”ということです。

例えば、スマホで「○○市 整体」と検索すると、
PPCの枠は実質的に2つしかありません。
(下の方にいけばもっとありますが、下まで見る人はほとんどいません)
パソコンなら、3つも4つも表示されますよね。

したがって、スマホ向けのPPC広告は、掲載順位1位または2位を狙うというのがポイントです。

以上の3点、
 1.エリアと切り口
 2.売れるスマホサイト
 3.PPC広告とSEO対策

がそれぞれ平均点以上を超えていれば、スマホ経由の集客は目に見えて増えてきます。

■しかしここで注意点です。

さきほど書きました通り、スマホ向けのPPC広告枠は実質2枠しかありません。
しかも、パソコンのユーザーと違って、スマホ向けは比較が面倒なので
上位2サイトくらいで申込を決定してしまいます。

すなわち、スマホからの集客は”用意された椅子が少ない”ということですね。
パソコンに比べて、競争激化のスピードが早いだろうという予想がつきます。

今ならまだ大丈夫ですが、来年、再来年のことを考えると、
やはり基本に立ち返って「エリアと切り口」をいかに差別化するかというのが王道になってきます。

■最新のマーケティングを取り入れつつ、基本を抑える

携帯スマホ対策などの最新マーケティングをとりいれながら、
常に「エリアと切り口」を確認する。

また、将来的にはブランディングによって「指名検索」で集客もしていきたいものです。
これらをすることによって、長く治療院経営を続けることができるでしょう。


杉原の無料メルマガ


▼メールアドレスを入力して「試しに読んでみる」をクリックして下さい


※メルマガ内では有料サービス(HP制作40万~,PPC広告代行 月3万円~)のご案内もさせて頂きます


PAGE TOP

個人情報の取扱PRIVACY


このウェブサイトは安全です




MENU

MAIL
HOME