整体院 グーグルマップに広告を出す方法

整体院 グーグルマップに広告を出す方法


最近、Googleで「地名+整体」を検索すると上から

1.PPC広告
2.グーグルマップ
3.オーガニック検索(SEO)

の順にサイトが表示されています。PPC広告は上に出たり下に出たりと変わるのですが、マップは常に上部に掲載されていますね。

特にスマホで検索すると、画面が小さいためグーグルマップがほぼ画面を独占、といった印象を受けます。

先日ある1人治療院の会員さんに聞いたのですが、新規患者さんの来院理由について「1番上に表示されていたから」というアンケート結果が多いそうです。

すると、まず抑えるべきはPPC広告とグーグルマップ対策になります。

オーガニック検索(SEO)についてはポータルサイトの第3者サイトが強く、個人の独自ドメインサイトは変動が激しいためできるだけ症状名など小さなキーワードでたくさんのページを上位表示させるロングテール対策がリスク分散に良い印象です。

さて、この1番目のPPC広告と2番目のグーグルマップですが、ともに連携できることをご存知でしょうか。

関東郊外都市で月商100万クラスの1人整体院を営む会員さんは、PPC広告枠に表示され、グーグルマップ枠にも表示され、さらにグーグルマップの”広告枠”にも表示に成功しています。

このグーグルマップの”広告枠”ですが、方法はGoogle広告の「住所表示オプション」という機能になります。

こちらをグーグルマイビジネスと連携させると、グーグルマップの広告枠にも表示させることができるようになります。

ただ、Googleの各種サービスは年々進化しているためその連携方法もコロコロ変わってしまうのです。

この辺が昔からネット集客を難解にしている原因なのですが、とはいえユーザー(患者様)の利便性は向上しているので私たち店舗側がそれに追いついて行く必要があります。

まず、現在Google広告を出稿されている場合は、グーグルマイビジネスとGoogle広告を連携させてみてください。

PCでグーグルマイビジネスの管理画面にログインし、左メニュー一覧に「Google広告とリンクする」旨のボタンがあります。

それが完了したら、Google広告側で住所表示オプションを設定します。

ここでおさらいしますと、グーグルマップには「広告枠」と「無料枠」の2つがあり

・広告枠 → Google広告の住所表示オプション
・無料枠 → グーグルマイビジネスの充実

が基本対策になってきます。

グーグルマイビジネスによるマップ上位表示はあくまで無料のサービスなので過度な対策はペナルティを受けるリスクがあります。

まずはマイビジネス内の写真、基本情報を充実して、口コミレビューを集めていきましょう。レビューもできるだけ内容が濃い方が評価が高くなってきます。

●治療院ウェブ集客を学ぶ無料メルマガはこちら


杉原の無料メルマガはこちら


▼メールアドレスを入力して「試しに読んでみる」をクリックして下さい


※メルマガ内では有料サービスのご案内もさせて頂きます

LINE


コメントを残す

*

PAGE TOP

読者様限定3つのプレゼント
個人情報の取扱PRIVACY
LINE無料最新情報LINE




MENU

MAIL
HOME