ウェブに強い治療院は「サイト滞在時間」を意識している

ウェブに強い治療院は「サイト滞在時間」を意識している

こんにちは、杉原です。

私が20代だった頃の話です。

スポーツをしていた時に
勢いよく転んでしまい、
肩を強打してしまったのです。

その日は休日だったのですが、あまりに痛くて
急患の総合病院にかけこみました。

「この痛みはもしかしたら骨折級かもしれない・・」

ジワジワ増してくる痛みと不安に耐えながら、
まずレントゲン写真を撮りました。

医師の診断結果を待っていると

 整形外科の先生:

 「これは、肩鎖関節脱臼(けんさかんせつだっきゅう)ですね」

なにやら聞きなれない症状名でしたが
とりあえず素人の私でも
脱臼であることは分かりました。

手術は免れたものの、
医師からはとにかくギブスをつけて
安静にするしかないとのこと。

しかし、肩の激痛はしばらく続き、
わらをもすがる思いで
インターネットで検索したのです。

「仙台 肩鎖関節脱臼」

すると、もう今は見当たらないのですが

ある整骨院さんのブログ記事で
肩鎖関節脱臼に関する詳しいページがヒットしました。

クリックしてのぞいてみると、

 ・肩のレントゲン写真、テーピングで巻いた写真
 ・施術方法
 ・どのくらいの期間で痛みが和らぐのか

などなど、私が不安に思っていたことについて

 ・写真2,3枚以上、
 ・テキスト文章量にして2000文字以上

くらいでしょうか。

時間にして5分以上、そのページに食いつくように
ジーっと見ていたことを覚えています。

■「サイト滞在時間」を意識する

Googleが好むサイトですが、
このように ”おもわずジーっと見続けてしまうページ” が
以前にまして上位にあがってきているようです。

ウェブ分析の用語では、「サイト滞在時間」ということになりますが、
Googleはこのサイト滞在時間を1つ1つ計測しています。

私の会員さんで、(地名+症状名)のブログが
検索でいくつも上位にあがっている治療院さんがいるのですが、

その方は患者様と実際にあった話を、
写真付きで物語調で載せているそうです。

たとえば、

 〇タイトル:●●市 変形性膝関節症 30代マラソン選手Aさんの事例

 〇本文: 先日、●●市でマラソン大会にも出場されている
     30代のAさんが変形性膝関節症で来院されました。

     はじめてお会いした時は、これこれこのような症状で・・

     ※随所に写真

     その後週に1回のペースで2カ月通っていただき・・

というイメージで、

「実際に起こった症例を、物語調で解説 ※写真付き」

しているそうです。

これは、探している人からすると
まさにこういうコンテンツを待っていました、
ということになります。

自然、サイト滞在時間も長くなると思います。

Googleは、このようなページを
以前にまして上位に持ってくる傾向にあり、

ある1つのドメイン

 ●●.com

において、このような滞在時間の長いページが
たくさんあればあるほど、
ドメインの全体評価が上がっているようです。

というわけで、ブログの更新頻度も大事ですが
無理のないペース
たとえば週に1回、月に1回でも結構ですので

 「サイト滞在時間を意識したコンテンツ」

 「実際に起こった症例を、物語調で解説 ※できれば写真付き」

してみると良いかもしれません。

なお、スタッフさんが複数いらっしゃる整骨院さんでは
各スタッフさんに曜日を決めて投稿してもらっても良いですよね。

1番上手だったスタッフさんにはみんなの前で表彰するなど、
ひと工夫するとさらに熱も入るかもしれません。

というわけで、ブログを書かれている治療院さんは
ご参考にしていただければ幸いです。

●お知らせ:
静岡中部で8店舗整骨院グループをされている
中村哲也さんが、今月出版されました。
https://www.amazon.co.jp/dp/4426124816/

中村さんには、治療院プレミアム会員の
11/30 月末オンラインセミナーにて
ゲストインタビューさせていただきます。


杉原の無料メルマガ


▼メールアドレスを入力して「試しに読んでみる」をクリックして下さい


※メルマガ内では有料サービスのご案内もさせて頂きます

LINE


コメントを残す

*

PAGE TOP

読者様限定3つのプレゼント
個人情報の取扱PRIVACY
LINE無料最新情報LINE

このウェブサイトは安全です




MENU

MAIL
HOME