治療院Google検索アップデートその後と2019年予測

治療院Google検索アップデートその後と2019年予測

「治療院Google検索アップデートその後と2019年予測」

こんにちは、杉原です。

今年の8月からGoogle検索アップデートが度々行われ
順位が下がってしまった治療院さんも多いと思います。

私の母のサイトも影響を受けたのですが
一度下がってしまったドメインを
元に復活させるのはなかなか難しい印象です。

ある程度試行錯誤して難しい場合は
新たに別なドメインを作って再スタートした方が早いかもしれません。

さて、今回は仮名ですが会員さんで
SEOが好調な方々をご紹介したいと思います。

お一人目は東京で腰痛の整体院をされているTさん。

Tさんはワードプレスの公式メインサイトと
HTMLのモバイル専用サブサイトの2つをお持ちです。

この2つのサイトそれぞれが、
「地名+腰痛」で検索1ページ目の1位と3位にランクインしています。

サイトはお見せできないのですが
現在1位のHTMLサブサイトはこちらのテンプレートを使っています。
http://joseitiryoukas.sakura.ne.jp/wptemp/i/

このテンプレートはモバイル向けの症状ランディングページ用で
読み込みスピードを限りなく早めています。

2018年はGoogleもモバイル向け読み込みスピードを
ランキング要素として重視すると公式発表がありました。

このテンプレートは、
本の読者様限定で無料プレゼントしておりますので
ご希望でしたらこちらをクリックしてお申込みください。
https://www.joseitiryouka.com/bookgift/

次に、PPC用とSEO用のサイト(ページ)を分けて対策する接骨院のFさん。

FさんのSEO用サイトは「地名+業種名」のビックワードでも高順位なのですが、
トップページには昔から店舗情報しかかかれていません。

その他、トップは各個別ページへのメニューバナーがあるのみで
いわゆる縦に長いランディングページ型ではないですね。

最近のGoogleの傾向として、業種名ワードは
個人的な意思が入ったコンテンツを嫌い
店舗情報など客観的事実のみのコンテンツを評価している印象です。

ただ、このようにするとサイト成約率が落ちてしまいますので
そこはPPCサイトの方で対策されています。

PPCサイトは自費のランディングページ型になっており、
成約率もしっかり高い構造となっています。

それから、症状ごとにサイトを3つほど運営しており
各サイトのブログ記事では滞在時間を意識している鍼灸院のMさん。

Mさんのブログはとても良くできていて、
患者様からいただいた感謝のお手紙をそのまま写真で掲載し、
その文字起こしをしています。

このような客観性のあるコンテンツはGoogleも好きですし
テキスト文字だけよりは写真が入った方が
患者様のサイト滞在時間も増えることになります。

また、一部アップデートの影響は受けたものの
サイトを複数もっていたことで影響が分散され
集客数は以前と変わらず好調とのことです。

最後に、これはスタッフさんが数十名いらっしゃる整骨院グループのNさんですが
Nさんはポータルサイト内の順位対策をされているとのこと。

確かに、「地名+整体」「地名+整骨院」のような業種名ワードは
ほとんどポータルサイトのような第3者サイトが上位を独占しています。

ではそのポータル内で順位を上げようという考え方になります。

ちなみにポータルサイトはホットペッパー、エキテンなど有料のものから
接骨ネット、ネイバーなど無料のものも多数存在します。

ある程度事業規模の大きな治療院さんは有料ポータルも良いと思いますが、
1人治療院の場合はまず無料ポータルや
「症状名ワード」でスキマを狙っていくと良いでしょう。

ちなみにNさんは「地名+症状名」のコツコツブログも
ぬかりなく対策されています。

というわけで、SEOはGoogle無料スペースのため
なかなか絶対というものがないのですが、

 1)複数サイトでリスクを分散させる

 2)読み込みスピードとサイト滞在時間を意識する

 3)症状名をメインキーワードに、業種名も狙うならポータル強化

以上が主要対策といったところでしょうか。

もちろん旧来のタイトルタグ、Hタグなど内部調整と外部リンクも加味されます。

ここからは2019年からの予想ですが、
業種名ワードでは店舗情報、メニューのような客観的事実以外
ほとんど何も書けなくなってくると思います。

すると「症状名」や「自費キーワード」ですね。

腰痛、ぎっくり腰などの「症状名」をメインキーワードにしつつ、

整体、整骨院などの「業種名」はおもにポータルサイトに代表される
第3者機関の対策を強化されると良いでしょう。

今年もいろいろと変化がありましたが、
2019年も広告規制など変化が予想されます。

常に最新情報をキャッチしながら、地域1番の治療院を目指していきましょう。

PS:
28日会員ウェブセミナーでは、毎年安定して新患を集め
歯科医師ともコラボされているまやま整骨院 真山崇さんに
ゲストインタビューさせていただきます。


杉原の無料メルマガはこちら


▼メールアドレスを入力して「試しに読んでみる」をクリックして下さい


※メルマガ内では有料サービスのご案内もさせて頂きます

LINE


コメントを残す

*

PAGE TOP

読者様限定3つのプレゼント
個人情報の取扱PRIVACY
LINE無料最新情報LINE




MENU

MAIL
HOME