AI時代の治療院集客

AI時代の治療院集客

「AI時代の治療院集客」

こんにちは、杉原です。

先日、大学の友人の結婚式で東京に行った時の話です。

会場は渋谷だったのですが、東京駅についてすぐ
目的地をGoogleマップに入力しました。

すると電車の乗り換えや徒歩の経路まで
事細かにアドバイスしてくれるんですよね。

GPSにより現在地もほぼ狂いなく認識され、
結婚式会場まで迷うことなく到着できました。

数年前だったら、これを人に質問していたと思います。

これを無料のサービスとして提供しているGoogleはすごいなと思います。
各種Googleのサービスにはあらためて感謝しないといけませんね。

このように、ここ数年いわゆる生活知識という意味では
人に質問をするよりスマホに聞いた方が早い印象です(笑)。

どこか知らない土地へ行くと
スマホのGoogleが道案内してくれますし、
検索するとほとんどの答えが瞬時に返ってくるからです。

同じく、地元で治療院など新しい店舗を探すときも、
まず検索する人が大半かと思います。

インターネットが普及する2000年以前は、
なにか新しいサービスを利用する際
知人の口コミや紙媒体の広告に頼っていたと思います。

こう考えると、年々人間や紙などのアナログから
半導体でできているスマホ、いわゆるAI(人工知能)に
どんどん仕事が移行していることがわかります。

※参考文献:機械との競争
https://www.amazon.co.jp/dp/4822249212

実際、お役所で行うような公的な手続きも
いまコンビニの自動端末でできるようになっていますよね。

身近なところでどんどん人間の作業が
機械にとって代わっていることが分かります。

■治療院がAI(人工知能)の恩恵を受けるには

さて、私たち治療院はこのAI時代において
どういう行動をすれば恩恵を受けられるのでしょうか。

まずは、現在無料で提供されている
Googleのサービスをフル活用することです。

やはりGoogleはAIの世界第一線企業のため
この無料サービスをフル活用するだけでも
AIの恩恵を多大に受けることができます。

まず1つ、無料でいますぐできそうなこととすれば
Googleマイビジネスの「投稿機能」です。
https://webkikaku.co.jp/blog/attract/googlemybusiness/

この投稿機能、うまく使うと「地名+症状名」の
検索1ページ目にデカデカと表示されるのです。

「投稿」は昨年から出始めた新しい機能ですが、
写真と100~300文字程度の文章を投稿することができます。

Googleマイビジネスというと、
いまレビューを増やされている方は多いと思います。

レビューが増えると、MEO(マップ上位表示対策)に効果があるからですね。

しかし、大都市ではこのレビューも競争過多状態になっています。

競争過多エリアでも、しらべたところ
「投稿機能」を活用している治療院さんはまだ少ない印象です。

大阪のある治療院の会員さんは、特定の症状キーワードで
なんとマップ独占表示、かつSEOの領域にこの「投稿」が表示されています。
→この事例は31日会員ウェブセミナーで放送予定です

■まず、Googleマイビジネスにログインしてみる

Googleマイビジネスにログインしたことがない、という場合は
まずログインするだけでも全く世界が変わってきます。
https://www.google.com/intl/ja_jp/business/

無事にログインできたら、まず基本情報を入力していきましょう。

院内の写真、外観、院長スタッフさんの笑顔など、
写真を最低10枚以上はアップします。

そして、営業時間やメニュー料金など、
ホームページさながらの情報をマイビジネスに入力してみてください。

ここまでは所要1時間もあればできるかと存じます。

そのあとは、コツコツとレビューを増やしながら
「投稿」機能を1カ月に1回でも投稿してみてください。

ホームページのブログに投稿した記事を
更新情報というイメージで投稿するだけでもずいぶん違うと思います。

■これから活躍する治療院

というわけで、これからどんな治療院さんが活躍してくるかというと
ズバリ、「AIを活用できる治療院」ということになります。

そしてこれは技術的に難しいものだったり
多額の資金が必要なものでもなく、
無料ですぐにできることが多いです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^

最近は治療院の受付業務のAI化も進んでいます。

難しい話ではなく、いわゆるウェブ予約システムですね。

いままで人間が対応してきた予約&キャンセルなどの受付業務を、代わりに機械が行うものです。

Eパークやホットペッパーなどが有名ですが、
最近は楽天もウェブ予約に参入したと聞きました。

ただ、これらは有料のものが多いので
ある程度事業規模の大きな治療院さん向けだと思います。

AIがどんなに進んでも人間的な交流はなくならないと思いますが、

まずは、いま自分の手の届く範囲で、できることを1つずつやっていきましょう。


杉原の無料メルマガ


▼メールアドレスを入力して「試しに読んでみる」をクリックして下さい


※メルマガ内では有料サービスのご案内もさせて頂きます

LINE


コメントを残す

*

PAGE TOP

読者様限定3つのプレゼント
個人情報の取扱PRIVACY
LINE無料最新情報LINE

このウェブサイトは安全です




MENU

MAIL
HOME